速報

円安・物価高騰・実質賃金低下は日本経済の歪みの反映!国民の懐を温めてこそ経済は上向く ――その2(賃金に焦点を当てて)

論文

円安・物価高騰・実質賃金低下は日本経済の歪みの反映!国民の懐を温めてこそ経済は上向く

――その2(賃金に焦点を当てて)  東京国家公務員・独立行政法人労働組合共闘会議 事務局長 植 松 隆 行

是非お読みになってください。

円安・物価高騰の深刻化は日本経済のゆがみの反映 その2.docx ←クリックを!

 

事務局長の署名入り論文「円安・物価高騰・実質賃金低下は日本経済の歪みの反映!国民の懐を温めてこそ経済は上向く」

東京国公事務局長・植松隆行の署名入り論文

「円安」問題を考える

円安・物価高騰・実質賃金低下は日本経済の歪みの反映!国民の懐を温めてこそ経済は上向く

円安・物価高騰の深刻化は日本経済のゆがみの反映.docx ←クリックを

―――「止まらぬ円安問題」が連日新聞紙上をにぎわしています。26日のニューヨーク外国為替市場はとうとう1ドル=158円という、1990年以来34年ぶりの安値を付けました。円安に端を発した「円安→輸入価格上昇→企業物価高→消費者物価高騰→実質賃金下落→消費不況継続」という負のスパイラルが、国民生活の苦境と中小零細企業の経営悪化という最悪の事態を生み出しています。私は3年ほど前から、様々な機会で、円安問題が日本経済低迷の主因をなしていることに警戒を発し続けてきましたが、その事態がいよいよ重大な局面を迎えています。このことは労働者・国民の生活に直接かかわることであり、労働組合としても看過できません。以下円安問題を私なりに分析してみました。論議の材料の一つに加えていただければ幸いです。―――

 

 

東京国公だより63-46号

東京国公だより63-46(4月20日).pdf

記事内容は、昨日(19日)総務省統計局が発表した消費者物価(2023年度分&2024年3月分)の物価指数、対前年同月比上昇率等々の解説記事です。

「止まらない、止まらない!消費者物価の高騰 2023年度は対前年比2・8%上昇3月は対前年同月比2・6%上昇」「物価高騰が賃下げ(=実質賃金マイナス)を招いている! 物価高騰を抑えてこそ賃上げにつながる!」です。

賃金を上げてもそれをはるかに超える物価高騰ですから、23ヶ月も連続して実質賃金はマイナスなのです。しかも円安・物価高騰に加えて、昨日は
株価まで著しい下落です。日本経済そのものが破綻の危機と言っても過言ではないでしょうね。政策提言も積極的に行って、物価を抑え、

東京国公だより案内

「東京国公だより」は45号まで進んでいます。

「東京国公だより」のコーナーに1号から45号を掲載しています。

クリックしてみてください。

東京国公だより63-034号(最新メールニュース)

ここをクリックで開けます 東京国公だより63-034(3月21日).docx

1面(詳細は東京国公だより34号を開いてください)

24春闘をさらに前に進めよう! 東京国公・官民共同行動実行委員会が統一行動を呼びかけています

❶霞が関総行動は3月26日(この日のメイン行動=昼休み霞が関デモ)

➌24春闘後段官民総行動は4月10日(この日のメイン行動=18時30~国会請願デモ)

2面(詳細は東京国公だより34号を開いてください)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京国公だより9号から13号掲載

東京国公だより9号~13号

東京国公だより63-009(12月25日).docx    2024年度予算等

東京国公だより63-010(12月28日).docx    東京国公&官民共同行動実行委員会の「12.28」霞が関宣伝等 物価が下げて賃金上げろ

東京国公だより63-011(1月3日).docx      新年号

東京国公だより63-012(1月10日).docx              2024年1月20日(土) 東京国公春闘討論集会案内

東京国公だより63-013(1月12日).docx     24春闘始動! 厚労省前宣伝・丸の内デモ・経団連包囲行動

2023年12月18日投稿 東京国公だより7号 東京国公だより8号

東京国公だより63-007号(12/12発行)

東京国公だより63-007(12月12日) (2).docx

●記事内容は最賃特集です。国家公務員の最賃以下の高卒初任給問題など

 

東京国公だより63-008号(12/18発行)

東京国公だより63-008(12月18日).docx

記事内容は官民共同の霞が関・人事院前行動&賃金と物価

2023年12月11日 東京国公だよりNO63-006

東京国公だよりNO63-006(2023年12月11日)

東京国公だより63-006(12月11日).docx

記事内容 ❶実質賃金引上げを実現しよう! そのために物価は抑制させ、最低賃金と公務員賃金引上げを政府に強く求めましょう! 東京国公は来春闘を待たず、官民共同行動実行委員会と共に年末から行動=学習会・宣伝・政府要請・政党要請等々可能な行動を実施します ❷12月12日 東京国公レク企画 手話教室案内

 

2023年12月8日 日本経済総崩れ=8日発表政府経済統計発

 日本経済総崩れ=8日発表政府経済統計発

  昨日(8日)は、政府機関の重要経済統計が発表されました。実質賃金、実質消費支出、GDP改定値、いずれもマイナスです。アベノミクスがいかに日本経済を窮地に置きこんでいるかが、政府統計によって鮮明にされました。民間の調査機関・東京商工リサーチの企業倒産も20カ月連続の増加です。円も昨日の東京市場は1ドル141円60銭から~144円10銭(前日の145から)の乱高下です。政府・自民党の無策が続きますが、今は闇献金問題で大揺れで「それどころではない」といったところでしょうか?ここかまさに野党と私たち労働組合の出番です。(東京国公事務局長:植松隆行)

 

1 10月実質賃金の対前年同月比2.3%減

名目で1.5%増も物価高騰で19か月連続減

物価の高い状態が続き、ことし10月の労働者1人あたりの実質賃金は去年の同じ月と比べて2.3%減少し、19か月連続でマイナスとなりました。

厚生労働省は全国の従業員5人以上の事業所、3万あまりを対象に「毎月勤労統計調査」を行っていて、ことし10月の速報値を公表しました。
 それによりますと物価の変動分を反映した働く人1人あたりの実質賃金は、去年10月と比べて2.3%減少し、19か月連続のマイナスとなりました。
 基本給や残業代などをあわせた現金給与総額は平均で27万9172円と、名目では去年10月と比べて1.5%増え、22か月連続でプラスとなりましたが、物価の上昇に追いつかず、実質賃金はマイナスの状況が続いています。≪ 厚労省8日発表「毎月勤労統計」≫

 2 10消費支出2.5%減 マイナスは8ヵ月連続減

総務省が8日発表した10月の家計調査によると、2人以上の世帯の消費支出は30万1974円と物価変動の影響を除いた実質で前年同月比2.5%減少しました。マイナスは8カ月連続です。2.8%減だった9月と同程度のマイナス幅でした。

実質ベースで内訳を見ると、食料が4.4%減と大きく落ち込んだ。生育不良で価格が上がったトマトやネギが低迷、家具・家事用品も12.9%減でした。

≪総務省・統計局 「家計調査」≫

3 GDP(7~9月)年2.9%減に下方修正

内閣府が8日公表した7─9月期の国内総生産(GDP)2次速報は、前期比0.7%減と1次速報の同0.5%減から下方修正されました。年率換算も同2.9%減で1次速報の2.1%からマイナス幅が拡大。個人消費など内需の下振れが要因です。 

4 企業倒産20カ月連続増 物価倒産も深刻

東京商工リサーチが8日発表した11月の企業倒産件数(負債額1000万円以上)は前年同月から38.9%増の807件で、20カ月続けて前年水準を上回りました。物価高や人手不足の影響が深刻で、サービス業を中心に事業継続を断念するケースが目立ちました。

 「物価高」が理由の倒産は54件(前年同月は39件)、「求人難」は7件(同2件)、「人件費高騰」は6件(同1件)といずれも大幅に増加しました。コロナ対策で実施された実質無利子・無担保の「ゼロゼロ融資」を利用した企業の倒産は42件(同40件)でした。
 産業別では、サービス業が66.3%%増の296件と最多。全10産業のうち、7産業が前年同月の件数を上回りました。

 

物価と賃金一体で闘うことが大事です!

 物価上昇が2年以上も続き、しかも2%以上の上昇が19ヵ月も続く中では、物価と賃金を一体で闘ってこそ、生活が守れるというものです。東京国公は来春を待たず、官民共同行動実行委員会と共に、物価の課題を賃金闘争と位置付け、可能な運動を展開します

 

2023年12月8日 実質賃金引上げを実現しよう! 物価抑制・最賃&公務員賃金引上げこそ ≪その2≫

実質賃金引上げを実現しよう! 物価抑制・最賃&公務員賃金引上げこそ ≪その2≫

第2回(その2)は、性による賃金格差、非正規労働者からの考察

                                        東京国家公務員・独立行政法人労働組合共闘会議  事務局長 植松隆行

実質賃金引上げを実現しよう! 物価抑制・最賃&公務員賃金引上げこそ その1.docx 

 

「女性労働者の賃金は男性の70%」にいささか疑問 格差がもっと大きい?

過日、ある女性団体の集まりでお話しさせていただきました。その団体との学習・懇談は春闘期に続いて2度目です。参加されていた女性の多くの方々が、ジェンダー差別の問題で、経済的格差(=賃金格差)に不満と疑問を投げかけていらっしゃいました。そんな中参加されていたある女性の方が、「女性の賃金は男性の7割と報じられるが信じがたい(もっと格差があるとの意味で)」との発言がありました。

この点では内閣府の「男女共参画局」はホームページでは、「我が国の男女間賃金格差は長期的に見ると縮小傾向にあり、令和3(2021)年の男性一般労働者の給与水準を100としたときの女性一般労働者の給与水準は75.2%となっています」とあります。一般女性労働者とは正規労働者を意味しているのでしょうか?その辺はよくわかりませんが、多くのメディアもだいたい70%と報じています。この点について、私もいささか疑問があります。

私はその学習・懇談会では「正規は正規同士、非正規は非正規同士で比較すると3分の2程度です。しかし、女性労働者全体平均、男性労働者全体平均で比較すると50数パーセントです」と答えました。その根拠の詳細は次ページの表(「民間給与統計実態調査」=国税庁調)に基づきます。

 

女性労働者の約55%が非正規労働者

女性労働者は正規労働者が1,249万人、非正規労働者は1,432万人(53.4%)、男性は正規が2,339万人、非正規が669万人(22.2%)です。これは2022年の「労働力調査・詳細調査」(総務省統計局)の結果です。私はこれまで女性が結婚、出産を機に退職を余儀なくされ、その後は非正規労働者に追いやられるケースをたくさん見ています。賃金比較はそうした雇用・労働実態をしっかり見据え、現実に女性労働者の5割以上が非正規労働者であることから、男性労働者全体、女性労働者全体での統計で比較することが重要だと思っています。女性労働者は非正規労働者割合が50%を超え、賃金も男性の50%程度です。そうするとやはり「女性の給与水準は男性の7割」とは言い難いものがあります。

 出産は女性だけにしかできない「仕事」です。出産・育児期間は労働期間としてみること、そのことによる賃金不利益は一切受けない給与・労働条件を付与すべきこと、これが大事です。また「希望すれば正社員」が当たり前の雇用制度を確立すべきです。いずれにしても労働者全体の賃金引上げは男女の賃金格差をなくすこと、非正規労働者の正規への転換が強く求められます。

 

 

 

2023年12月5日 実質賃金引上げを実現しよう! 物価抑制・最賃&公務員賃金引上げこそ その1

2023年12月5日 

実質賃金引上げを実現しよう! 物価抑制・最賃&公務員賃金引上げこそ その1.docx

 

第一回は、●まず異常な高騰が続く消費者物価水準を検証 ●消費税の大幅減税こそ物価抑制の特効薬 ●賃金引上げにはまずは時給1500円以上の全国一律の最賃制度の実現を ●賃金引上げも日本経済再生のためにも中小企業を守れ! ●経産省の統計でも中小企業はまさに日本経済の要ではないか

 東京国家公務員・独立行政法人労働組合共闘会議  事務局長 植松隆行(元東京税関上席調査官)

 

まず異常な高騰が続く消費者物価水準を検証

 以下の表は総務省・統計局の統計資料に基づくものです。まずは以下の表で物価高騰の実態を確認しましょう!

*用語 「持ち家を除く総合」とは・・・・「持ち家除く総合指数」が、実質賃金計算に使う消費者物価指数です。

 これは、持家を借家とみなした場合支払われるであろう家賃(これを「持家の帰属家賃」といいます。)を消費者物価指数に算入しています。
 その帰属家賃を除いた総合の消費者物価指数が、実質賃金を計算する場合に使われます。

 

  

物価上昇はもう2年以上続いていて、対前年同月比では26ヶ月連続して上昇しています。対前年同月比2%以上の上昇は19ヵ月連続です。 なお3%以上は9月時点で12ヶ月連続して続いていました。直近の統計数値(2023年10月)は、2020年の物価平均を100とした場合、物価指数は107.1というすごい数値になっています。

 私はこの間たくさんの女性団体や消費者団体の皆さんの集まりで、物価問題をお話させていただいていますが、その中で「物価上昇が3%~4%というのは信じがたい。感覚的には10%の上昇」という発言をよく耳にします。直近の10月統計で、食料は対前年同月比8.6%の上昇ですから、毎日の買い物での感覚ではまさに10%と感じるのはよく理解できまます。

 

 消費税の大幅減税こそ物価抑制の特効薬

  私は物価抑制の特効薬は消費税の大幅減税(まず半減)と考えます。物価上昇に関わっては、激しい物価高騰が続いていますが、一方で「上流」での物価高騰分を、「下流」(小売店や食堂・居酒屋など)では反映できない状況も見られ、一律ではありません。従って物価抑制には消費税を大幅に減税するのが一番と考えます。税収が減る分は資本金10億円をこえる大企業の内部留保(7月~9月の法人企業統計)は、527兆7千億円という膨大な額であり、これに一定期間課税することを主張します。

 

賃金引上げにはまずは時給1500円以上の全国一律の最賃制度の実現を

 物価を抑制しつつ、労働者全体の賃金を引き上げるには、労働組合としては時給1500円以上の全国一律最賃制度の実現を最重点に置くべきです。時給1500円以上の全国一律最賃制度を実現して全体の底上げを実現させましょう!

 現在最低賃金は、最高が東京都の時給1,113円、最低は岩手県の893円です。地域間格差が220円もあります。

 OECDがまとめた調査結果(「2021年・年間労働時間」-2022年7月20日データ更新-)よると、日本の全就業者平均の1人当たり年間実労働時間は1,607時間ですが、東京と岩手の最賃格差は年間で353,540円、月では29,462円にもなります。これでは、日本国内での地域間格差は益々広がるばかりです。私たちは「何時、何処で、誰が、どんな仕事をしても」、時給換算で最低1500円は「賃金として受け取れる」制度実現を求めます。なお全国加重平均は時給1004円です。

 

賃金引上げも日本経済再生のためにも中小企業を守れ!

 この間、官民共同行動実行委員会(全国一般東京、JMITU東京、全印総連東京、千代田区労連、東京国公で構成)は、経営の側(中小零細企業)との懇談も積極的に進めてきました。ほとんどの中小企業経営者は、「最賃1500円は賛成だが当社には支払い能力がない」との「嘆きとぼやき」を寄せてきます。それもそのはずです。国税庁の「統計法人税表」によると、中小企業の約7割が赤字経営ということでです。

 従って岸田首相が「賃上げ企業には『減税』(数値は不詳)する」を口にしてみたところで、そもそも減税の恩恵にあずかれないのが中小企業経営実態です。

 中小企業への予算はほんの微々たるものです。22年度の国の予算で見ると、金額にして1,713億円、僅か国家予算の0.25%という水準です。私は少なくても1兆円を超える予算を立てて、社会保険料等は大幅に負担軽減する措置をとることが必要だと考えます。また大企業の優越的

地位を利用した「下請け単価たたき」は根絶すべきです。この間、官民共同行動実行委員会が幾度となく要請を入れるなかで、経済産業省・中

小企業庁は所謂「下請けGメン」を大増員し下請けたたきを監視しています。岸田首相は「金も人も」惜しまずつけるべきだし、メディアも積

極的に取り上げるべきです。

 

経産省の統計でも中小企業はまさに日本経済の要ではないか

 中小企業は産業の要です。以下は経済産業省・中小企業庁の統計からの数値です。

 中小企業は企業数で99.7%、従業員数では70%、製造業の付加価値の50%を占めます。従って中小企業こそ日本の産業と経済の要であり、中小企業の安定的経営を守ってこそ、国民生活を守ることに直接繋がるわけです。

 

【続く】第二回は女性の賃金格差是正、国家公務員賃金、非正規の正規化をお届けします。

 

 

2023年11月25日 10月の消費者物価統計(対前年同月比2.9%上昇)を分析する 

10月の消費者物価は対前年同月比2.9%上昇

対前年同月比を上回るのは26ヵ月連続  2%超え上昇は19ヵ月連続   

物価上昇の抑え込み、引き下げ闘争は第二の賃金引上げ闘争!

総務省「統計局」が、昨日(11月24日)発表した10月の全国消費者物価指数(2020年=100、生鮮食品を除く)は、前年同月比2.9%上昇の106.4でした。伸び率は9月の2.8%から拡大しました。拡大は4カ月ぶりです。

物価指数が前年同月を上回るのは26カ月連続、2%以上の上昇は19ヵ月連読です。(ちなみに3%以上の上昇は9月時点まで12カ月連続でした) 

食料品や宿泊料などの値上げに加え、電気・都市ガス代を抑える政府の補助金が半減された影響が出た形ですが、物価上昇に大きな要因である円安は依然1ドル149円50銭前後の安値であり、物価上昇は続くものと見られています。

 食料は引き続き高水準

 品目別では食料の高騰が続いています。食料全体では8.6%上昇、生鮮食品を除く食料は7・6%の上昇です。原材料費や輸送費の上昇を販売価格に転嫁する動きが続きており、食パンや外食の焼き肉などがじょうしょうしました。

 生鮮食品も夏の猛暑の影響で野菜や果物の収穫量が減り、全体的に値上がりした。トマトが41・3%、リンゴが29・4%それぞれ上昇です。

 宿泊料は42・6%上昇した。強い旅行需要に加え、人件費の上昇を料金に転嫁する動きが見え始めています。前年に政府の旅行代支援策で料金が押し下げられていた反動の影響もあったとの指摘です。

 電気代は16.8%低下です。ただ政府の補助金半減で下落幅は9月の24.6%から縮小、都市ガス代も17.5%から13.8%と下落幅を縮めました。

政府補助金がなければ9月は3.8%の上昇、10月は3.4%の上昇

 総務省の試算によれば、政府補助金(エネルギ―、ガス・電気)は、9月が1%、10月は0.5%消費者物価を押し下げる効果があったと報告しています。従って政府補助(この補助金も突き詰めれば、税金ですから私たち国民の負担には変わりありません)がなければ、

9月は3.8%の上昇、10月は3.4%の上昇ということになります。

 

10月も実質賃金はマイナスか?!

 さて総務省の消費者物価指数は、実質賃金の計算の基礎となる「持ち家の帰属家賃を除く総合」の指数も発表されます。*実質賃金は、名目賃金指数を消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)で除して算出している。

 厚労省の「毎月勤労統計」によれば、9月の現金支給総額は実質でマイナス2.9%(確報)でした。その9月の「持ち家の帰属家賃を除く総合」の物価上昇は対前年比で3.6%でした。10月の「持ち家の帰属家賃を除く総合」の物価上昇は対前年比で、さらに大きく3.9%でした。10月の実質賃金もおそらくは3%程度のマイナスになることが考え有れます。

 

*「持ち家の帰属家賃を除く総合」とは⋆

住宅や土地の購入は、財産の取得であり消費支出ではないことから、消費者物価指数に含まれていませんが、持家に住んでいる世帯(持家世帯)が、自分が所有する住宅からのサービスを現実に受けていることは確かです。そこで、何らかの方法で持家世帯の住宅費用を測れないかという問題がでてきます。
 持家世帯が住んでいる住宅を借家だと仮定すれば、そのサービスに対し当然家賃を支払わなければなりません。そこから、持家の住宅から得られるサービスに相当する価値を見積もって、これを住宅費用とみなす考え方が成り立ちます。このような考え方に基づいて、持家を借家とみなした場合支払われるであろう家賃(これを「持家の帰属家賃」といいます)を消費者物価指数に算入しています。

物価と賃金一体で闘うことが大事です

 物価上昇が2年以上も続き、しかも2%以上の上昇が19ヵ月も続く中では、物価と賃金を一体で闘ってこそ、生活が守れるというものです。東京国公は来春を待たず、官民共同行動実行委員会と共に、物価の課題を賃金闘争と位置付け、可能な運動を展開します。

2023.12.11 レク「手話クラスだよ、全員集合!」

手話は見る言葉です。東京都では「東京都手話言語条例」が昨年9月に、ようやく施行しました。また、2025 年には東京でデフリンピック(聾者のオリンピック)の開催が決定しています。

今回、3回目ですが挨拶などの手話の基礎をやっています。初めての方でも楽しく、素敵な講師と手話を学びませんか?

2023.11.16 東京国公だより63-003号

各単組と友誼団体の皆さんへ

東京国公だより63-003号(11月16日).pdf

を送ります。

記事内容

❶物価高騰&賃上げ
東京国公は官民共同行動実行委員会と共に秋期・年末期、可能な運動を大きく展開します 学習、宣伝、各省要請等々

➋10年余の異次元金融緩和で歪み切った金融・経済を正せ!
賃金は上がらないのに、物価高騰は止まらない!消費不況下でも内部留保を蓄積する大企業 この異常な日本の経済から脱却しよう!(上)
東京国家公務員・独立行政法人労働組合共闘会議・事務局長 植松隆行

 

2023.11.15 東京国公速報

今日、7月~9月のGDPが内閣府より発表されました。対前期比マイナスで、年率換算ではなんと2.1%のマイナスです。円安・物価高騰、実質賃金下落、消費低迷という負のスパイラルがつづいたからです。インバウンドと浮いていますが、政府統計を見ても、コロナ前ピークでも5兆円程度の消費です。GDPが年換算で555兆円、その半分以上が個人消費です。ですから日本の労働者・国民が豊かにならなければGDPも伸びません。項目別でプラスは政府需要です。しかしこの需要の創出は国債という政府の借金です。借金で金を手に入れ、大盤振る舞いではお話になりません。

労働組合は賃金と物価と金融・経済政策を一体で闘わないと労働者の生活は守れません。東京国公と官民共同行動実行委員会は明日にでも、宣伝行動に入るべく、これから緊急会議。小さな力でも、それがあちこちで発揮されれば、やがて大きな力になるでしょう!それにしても日本は危ないですね。

東京国公速報 11月15日

悪魔のサイクル=異次元金融緩和→円安→物価高騰→実質賃金下落→消費低迷→生産停滞→設備投資下落→GDPを引下げ

GDP、7〜9月年率2.1%減  3四半期ぶりマイナス成長(前期比)

GDPの半分以上占める個人消費が低迷! 

設備投資は生産増不必要なので下落!アベノミクスから離れろ!

 

 

労働組合は賃金と物価と金融・経済政策を一体で闘わないと労働者の生活は守れない!

内閣府が今日・15日に発表した7〜9月期の国内総生産(GDP)速報値は物価変動の影響を除いた実質の季節調整値が前期比0.5%減、年率換算で2.1%減でした。マイナス成長は3四半期ぶりです。個人消費と設備投資が停滞続き、輸出の伸びも力強さを欠いています。

何といっても内需に関連する項目で落ち込みが目立ちます。GDPの過半を占める個人消費は前期比0.0%減と2四半期連続のマイナスだった。

 

主として自動車販売の減少が押し下げ要因となった。そして長引く物価高騰で魚や肉といった食料品も節約メード。プラスは外食のほか、9月に新型iPhoneが発売された携帯電話機でした。設備投資は前期比0.6%減と2四半期連続のマイナス。半導体市場の調整が長引き、半導体製造装置関連の投資すらもが落ち込みました。人手不足が響いたとみられます。

2023.11.13 東京国公だより63-002号

各単組と友誼団体の皆さんへ

東京国公だより63-002号(11月13日).pdf

を送ります。

記事内容

❶物価高騰&賃上げ
東京国公は全国一般東京など官民共同行動実行委員会と共に独自に終日行動を展開

➋10年余の異次元金融緩和で歪み切った金融・経済を正せ!
賃金は上がらないのに、物価高騰は止まらない!消費不況下でも内部留保を蓄積する大企業 この異常な日本の経済から脱却しよう!(上)
東京国家公務員・独立行政法人労働組合共闘会議・事務局長 植松隆行